コンサート会場などで売られているタオルはいろいろな種類があります。
ハンドタオル・マフラータオル・フェイスタオル・スポーツタオル・ジャンボタオル
基本的にはサイズが大きい商品ほど販売価格も買取価格も大きくなる傾向があります。

以下の比較表参照ください。原寸と同比率の大きさ比較です。
※参照画像はすべて東方神起/JYJのタオルです。

ジャンボタオル スポーツタオル フェイスタオル マフラータオル ハンドタオル
ジャンボタオル
大きさ:120×65cm
スポーツタオル
大きさ:115×60cm
フェイスタオル
大きさ:80×65cm
マフラータオル
大きさ:115×20cm
ハンドタオル
大きさ:25×25cm
注意事項

・商品によって若干のサイズの上下はあります。
・アーティストによって、呼び方は異なる場合があります。
例)ジャンボタオル→バスタオル、ビーチタオル(矢沢永吉さん)、BIGタオルなど
例)スポーツタオルをバスタオルとして定義しているアーティストもいます
例)浜崎あゆみさんなどはバスタオルよりも大きい商品をジャンボタオルとして位置づけているようです。
 

 ジャンボタオルとは

用は「バスタオル」です。
フェスなどでは肩から掛けている人を多くみます。
夜など気温が下がってきたときなどは気持ち程度ですが寒さしのぎにもなります。ライブの思い出に持ち帰った後は、バスタオルとして使用するのもいいでしょう。
矢沢永吉さんのライブで投げられるのもこのサイズ(矢沢さんのライブではビーチタオルと呼称)です。 矢沢永吉さんの初期のビーチタオルなどは数十万円するものもあります。

矢沢永吉ビーチタオル一覧
肩からタオルを掛ける人
 

 スポーツタオルとは

ジャンボタオルとフェイスタオルの中間の大きさのタオルになります。
大きさ的に中途半端でスポーツタオルサイズを売っていないアーティストのライブも多く見られます。

 

 フェイスタオルとは

ラーメン屋さんや工事現場でお兄ちゃんが頭に巻いているのがこのサイズです。
日差しの強い夏に巻くことで、帽子代わりにもなりますし、汗が垂れてくるのも帽子できます。
一般的にはマフラータオルの方が人気があり、売り切れている時の選択肢として次に考えられるのがフェイスタオルです。
持ち運びにも便利ですし、ちょっとした汗などを拭うのにも適している商品です。
 

 マフラータオルとは

マフラーのように首にかけているのをよく目にします。
フェイスタオルよりも横に長く幅が狭いので、曲中にタオルをグルグル回すのに適しています。
 

 ハンドタオルとは

手を拭く用ですね。ハンカチよりも吸水性があります。
ライブのグッズとして販売されていることは少ないように思います。